高城旧後藤家商家交流資料館

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 | 評価済)
category : きりしまぼんち百科事典, ジャンル, 交流・公共施設, 交流・公共施設, 歴史・文化, 歴史・文化, 観光, 観光, 都城市 2013.3.29 
LINEで送る

高城旧後藤家商家交流資料館

海運業で財を成した後藤五市の三男にあたり、干拓事業や養蚕業の振興に努めた後藤伊助とその息子後藤五兵衛が建てた家です。明治33年頃の建築と伝えられています。

後藤家商家交流資料館

最初は生糸の集荷とその関連商品の販売が中心となっていたと考えられ、後には油や醤油などの生活用品なども販売されていました。そのため、近年まで「醤油屋(しょいや)」と呼ばれていました。
木造2階建て、外壁は漆喰(しっくい)で固められ、ひさしが複雑に幾層にも重なります。内部には通り土間、周り土間が設けられ、直接2階へ物が上げられるように土間から上る階段が造られています。また、道路に面した店の正面は全面に開放される上げ戸になっています。
間取りや構造など、明治時代の商家造りをそのまま残した貴重な建物といわれています。
現在は、NPO高城歴史文化のまちづくりフォーラムの管理のもと、旧後藤家商家交流資料館として、地域の歴史の展示やさまざまなイベントの会場として活用されています。

後藤家商家交流資料館2

歴史学的、建築史学的にも非常に高い評価を受け、平成19年、国の登録有形文化財に登録されました。

住所 都城市高城町高城2857番地
連絡先 都城市高城観光協会 電話・ファクス 0986-58-6900
開館時間 午前10時から午後4時
入館料 大人200円
 小中学生100円
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

地図


大きな地図で見る

画像一覧

霧島盆地百科事典のFacebook

LINEで送る

みんなの評価

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

※5段階の簡単評価です。★をクリックする事で誰でも簡単に評価できます「ぽちっ」とお願いします!

コメントフォーム

Copyright(c) 2013 きりしまぼんち百科事典 All Rights Reserved.