稲荷神社

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 | 評価済)
category : きりしまぼんち百科事典, ジャンル, 歴史・文化, 歴史・文化, 観光, 観光, 都城市 2013.4.8 
LINEで送る

稲荷神社

国道269号線沿いの郡元にあります。

稲荷神社

島津氏の初代の忠久は、源頼朝と比企能員(ひきよしかず)の妹の丹後の局(つぼね)との間に生まれたという伝説があります。
丹後の局は北条政子の嫉妬を恐れて上方に逃れました。
そして大阪の住吉大社で大雨のなか産気づき、狐火の明かりの下で無事に忠久を出産したと言われています。
この狐火は住吉大社の末社の稲荷神社のご加護とされ、このため島津家では雨を吉とし、稲荷神社を尊崇しました。
忠久は祝吉御所近くのこの地に、稲荷神社を創建したといわれます。

稲荷神社2

住所 宮崎県都城市郡元4丁目23−17
問い合わせ先 都城観光協会0986-23-2460

地図


大きな地図で見る

画像一覧

霧島盆地百科事典のFacebook

LINEで送る

みんなの評価

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

※5段階の簡単評価です。★をクリックする事で誰でも簡単に評価できます「ぽちっ」とお願いします!

コメントフォーム

Copyright(c) 2013 きりしまぼんち百科事典 All Rights Reserved.