Home » きりしまぼんち百科事典, ジャンル, 歴史・文化, 歴史・文化, 都城市 » 兼喜神社(けんきじんじゃしゃでん)

兼喜神社(けんきじんじゃしゃでん)

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 | 評価済)
category : きりしまぼんち百科事典, ジャンル, 歴史・文化, 歴史・文化, 都城市 2013.4.10 
LINEで送る

兼喜神社

天正年間、都城領主北郷時久の創建とされ、家督相続の争いで自刃した北郷時久の長男相久をまつっています。
現在の社殿は天明8年(1788)に再建されたものです。
桃山様式を模した権現造りで、細部の意匠に彫刻と彩色を多用しています。
また、向拝柱の雲竜彫刻など旧鹿児島藩独自の社寺彫刻技法が見られ、江戸時代の当地方の社寺建築を知る貴重な歴史資料となっています。

兼喜神社

兼喜神社社殿

兼喜神社2

問い合わせ先 都城観光協会0986-23-2460

地図


大きな地図で見る

画像一覧

霧島盆地百科事典のFacebook

LINEで送る

みんなの評価

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

※5段階の簡単評価です。★をクリックする事で誰でも簡単に評価できます「ぽちっ」とお願いします!

コメントフォーム

Copyright(c) 2013 きりしまぼんち百科事典 All Rights Reserved.