山田石風呂の大イチョウ

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 | 評価済)
category : きりしまぼんち百科事典, ジャンル, 歴史・文化, 歴史・文化, 観光, 観光, 都城市 2013.3.22 
LINEで送る

山田石風呂の大イチョウ

樹高約47メートル、幹周約7.5メートル、推定樹齢700年とされる雌木のイチョウです。
2本の大きな乳垂(ちだれ:気根(きこん)。枝から空中にのびる根で、乳房のような形をとる)をつけ、幹上部にはネズミモチやナンテンの若木を寄生させています。
この巨木は、関ヶ原の合戦で敗走した永井氏の祖先が杖としたイチョウの枝を植えたものが育ったものという言い伝えも残されています。
県の天然記念物にも指定され、宮崎巨樹百選にも選定されています。
イチョウ

問い合わせ先 都城市役所 山田総合支所 教育委員会 社会教育課0986-64-1121

地図


大きな地図で見る

画像一覧

霧島盆地百科事典のFacebook

LINEで送る

みんなの評価

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

※5段階の簡単評価です。★をクリックする事で誰でも簡単に評価できます「ぽちっ」とお願いします!

コメントフォーム

Copyright(c) 2013 きりしまぼんち百科事典 All Rights Reserved.