母智丘公園周辺

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 | 評価済)
category : きりしまぼんち百科事典, ジャンル, レジャー, レジャー, 観光, 観光, 都城市 2013.3.22 
LINEで送る

桜並木

サクラの名所として知られ、「日本のさくらの名所百選」にも選ばれている。
ソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラと、合わせて2,600本の桜並木が見られる。
毎年3月下旬から4月上旬にかけて「もちお桜まつり」が開催される。

桜並木

母智丘公園多目的広場

母智丘公園多目的広場

天然芝の広場はソフトボール(4面)、サッカー(2面)、ラグビー(2面)など多目的に利用できます。
大会や練習試合には県内外から多くの利用者が訪れます。

母智丘神社

神社のある丘の頂上には陰陽石と呼ばれる巨石があり、古くは石峯と呼ばれました。
この石の穴に狐が棲むと言われ、お稲荷さんの祠(ほこら)ができ、信仰されていました。
近くからは石器や土器などが出土しており、古代から人々が住んでいたことがわかります。
明治3年に都城地頭となった三島通庸(みちつね)が、ここに社殿を建て参道に桜を植え整備して母智丘神社と命名しました。

展望施設

日の出・夕日

つつじ

都城母智丘カントリークラブ

問い合わせ先 都城観光協会0986-23-2460

地図


大きな地図で見る

画像一覧

霧島盆地百科事典のFacebook

LINEで送る

みんなの評価

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

※5段階の簡単評価です。★をクリックする事で誰でも簡単に評価できます「ぽちっ」とお願いします!

コメントフォーム

Copyright(c) 2013 きりしまぼんち百科事典 All Rights Reserved.