金御岳周辺

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 | 評価済)
category : きりしまぼんち百科事典, ジャンル, 観光, 観光, 都城市 2013.3.20 
LINEで送る

金御岳周辺

金御岳は標高472メートル、都城市の南側、日南市との市境に位置する、都城市を代表する眺望スポットです。
山頂の展望台からは霧島連山や都城のまちを一望でき、ここから見る夜景は「夜景100選」にも選ばれています。
秋から冬にかけては、雲海も見ることができる。
また、10月初旬から中旬にかけては、タカ科の鳥「サシバ」の渡りを観察することができ、多くの愛好家が訪れる。
山頂付近には、ハンググライダーの離陸台がある。

雲海

秋から春にかけての季節には、朝霧が発生しやすくなり、雲海に浮かぶ霧島連山の幻想的な光景を見ることができます。

雲海CYB_P_1091

サシバ

全長は、雄はおよそ47cmで雌はおよそ51cm。翼開長105cm-115 cm。
雄の成鳥は、頭部は灰褐色で、目の上の白い眉斑はあまりはっきりせず、個体によってはないものもいる。
体の上面と胸は茶褐色、のどは白く中央に黒く縦線がある。
体下面は白っぽくて腹に淡褐色の横縞がある。
雌は眉斑が雄よりも明瞭で、胸から腹にかけて淡褐色の横縞がある。
まれに全身が黒褐色の暗色型と言われる個体が観察される。

さしば

紅葉

金御岳公園は紅葉のスポットでもあります。
11月中旬~下旬には、公園内各地で美しく色づいた紅葉を見ることができます。

金御岳の紅葉

金御岳ランチサイト(ハングライダー・パラグライダー)

金御岳山頂にハンググライダーの離陸台が大小2基設置されています。
毎年、11月には金御岳杯南九州ハンググライダー大会が開催され、九州各地より多くの愛好家が集まります。

ハングライダー

問い合わせ先 都城観光協会0986-23-2460

地図


大きな地図で見る

画像一覧

霧島盆地百科事典のFacebook

LINEで送る

みんなの評価

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

※5段階の簡単評価です。★をクリックする事で誰でも簡単に評価できます「ぽちっ」とお願いします!

コメントフォーム

Copyright(c) 2013 きりしまぼんち百科事典 All Rights Reserved.