Home » きりしまぼんち百科事典, ジャンル, 歴史・文化, 歴史・文化, 都城市 » 紺糸威紫白肩胴丸大袖付 ( こんいとおどしむらさきしろかたすそどうまるだいそでづけ  )

紺糸威紫白肩胴丸大袖付 ( こんいとおどしむらさきしろかたすそどうまるだいそでづけ  )

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 | 評価済)
category : きりしまぼんち百科事典, ジャンル, 歴史・文化, 歴史・文化, 都城市 2013.3.24 
LINEで送る

紺糸威紫白肩胴丸大袖付

本胴丸は、都城島津家の家臣であった津曲家に伝来したもので、元亀2(1571)年津曲兼広が島津義久から拝領したと伝えられる。
中世に大鎧から変化・発達した胴丸形式(胴部を右脇で合わせる形式)の鎧で、鉄・革混じりの小札(小板)に、紺糸を主に紫・白糸で威された(緒を通された)胴・袖、それに、丸に十字・堅引両紋を据えた金銅製の金具廻りなど整った作りである。
室町時代後期製作の中でも整った仕立てを見せており、大袖・杏葉を具備し、部分的に多少の傷みはあるが、後世に補修の手が入っていない貴重な物である

鎧

住所 〒885-0055 都城市早鈴町18街区5号
問い合わせ先 都城島津邸 電話:0986-23-2116

地図


大きな地図で見る

画像一覧

霧島盆地百科事典のFacebook

LINEで送る

みんなの評価

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

※5段階の簡単評価です。★をクリックする事で誰でも簡単に評価できます「ぽちっ」とお願いします!

コメントフォーム

Copyright(c) 2013 きりしまぼんち百科事典 All Rights Reserved.