山内多門生誕之地記念碑

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 | 評価済)
category : きりしまぼんち百科事典, ジャンル, 歴史・文化, 歴史・文化, 都城市 2013.3.24 
LINEで送る

山内多門生誕之地記念碑

都城市出身の日本画家、山内多門の碑が、市内の中心街の彼の生家の跡地にあります。
明治41年生まれの彼は4才で絵を描き始め、16才で都城の狩野派の画家に師事。
22才で上京し川合玉堂、橋本雅邦の門人になりました。
26才で多門と名乗り活躍。多くの賞を受け、40才で「帝展」の審査員になっています。
1932(昭和7)年55才で逝去しています。

住所 都城市東町宮崎交通バス停東町公民館近辺

画像一覧

霧島盆地百科事典のFacebook

LINEで送る

みんなの評価

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
Loading ... Loading ...

※5段階の簡単評価です。★をクリックする事で誰でも簡単に評価できます「ぽちっ」とお願いします!

コメントフォーム

Copyright(c) 2013 きりしまぼんち百科事典 All Rights Reserved.